二次元パラダイス

二次元のエロゲー画像を大量掲載!何回ヌいても止まらないエッチな画像を毎日更新中!

AVG

【感想】花咲ワークスプリング!

vsat_0181pl
春爛漫
出会いと恋の季節に浮き足立つ世の中。

そんな世の中の色恋ムードなんぞはお構いなし。
今日も今日とて、いかに怠けるかに全力を注ぐ主人公、花咲遊真。

今年もグータライフが続くのだと思っていたのだが……

「ようこそ幽霊部へ! 今日から君が部長だよ」

幽霊部員が集う部活というなんとも風変わりな部活動。
今までそんな部活があることすら知らなかったというのに、いきなり部長にされるってどういうこと!?

「私に構わないで下さい。馴れ合うつもりないんで」
周囲と壁を作り冷たく言い放つ彼女は、一匹狼少女・不知火祈。

「私をめいいっぱい楽しませてねっ! 新部長さん♪」
俺をこのわけの分からん幽霊部に引き入れた張本人。
学園最多留年数を誇る玖音彩乃は無責任にそう言った。

「好きです。初めて会った時から! き、キモいですか?」
俺に一目惚れってどういうこと? いきなり告白してきたこの子は琴吹ヒカリ。

「ぜったい、仕分け委員に入った方がおもしれーって。だからウチにこいよ、な!」
俺の意思はお構いなしに引き抜きを企む、悪友の空森若葉。

いつしか周りに集まった、一癖も二癖もある女の子達。

「いい機会だ。お前も怠けてないで青春してみろよ」

はたして主人公・花咲遊真が結ばれる相手は……?
くだらなくも、かけがえのない青春物語、ここに開演!

サンプルCG画像

more

感想

孤独を孤高と読み替えるハイパーツンドラめんどくさい少女のココロを雪融けさせる話。祈さんシナリオを読んでいくと「どうみても祈さんは自分です」と思うプレイヤは多いかと。
『山月記』読んでると「李徴は俺か!?」と思うのと同じパターンですね。「自分が傷つきたくないから孤独を選んだ」系の物語ですが、そのぶん普遍性があるのです。
結構説教ゲー風味なところがあり、結局社会的連帯を説く結論に達するのも、お約束だ。大切なものはいつだって面倒くさいものと共にある。

引用元:益体無い話または文

寝るのが大好きなグータラ主人公が幽霊部とかいう部に入ってボーイミーツガールする物語です。単に纏めてしまうと萌え系作品の典型ですね。同系の作品は数多くありますがそれらと比較しても、しっかりとヒロインのキャラクターを立てて、その上でしっかり魅力を描けており、この作品に求められているであろう要素にしっかり応えられているのは単純に強いです。余程高い期待を抱いていなければ「買って損した」とはならないのではないでしょうか。

引用元:煩悩と惰性。

また本編の内容ですが、カルマルカから非常に成長したなあと感じました。誰得なシリアスもなかったですし、新作発表でHPを見た際に塗りが微妙だと感じたのですが、プレイしているうちに慣れました。
全体的にビビッドなデザインも、慣れるとおしゃれですね。

引用元:とびうおちゃんの華麗なる日記

すごく気に入って体験版が出た頃からコンプするまで何度も何度も聴きました。サントラにOPのフルが入っていたので、普段サントラ未開封のぼくも、今回はサントラ聴いてます。

引用元:狡兎死して走狗烹らる

正統派エロゲストーリー。
特に大きな困難に立ち向かうでもなく平和にEND。
幽霊部とか桜の木とか特になんも話に関わってこないし、若葉は可愛かったけど思い入れも深くなることがないままさくっと終わりを遂げた。
なんとなくこいつ意外とかわいいな! と思って最初に選んだヒロイン。踏み込みとしてはよかったけど、あんまりにもストーリーに山も谷もないからさっさと次のルートへ行ける。

引用元:ツインテールまみれ

ここ最近の当ブランド作品に比べればどうも見劣りする感が否めない、ワクワクする感じが少ない印象です。が別にどこがダメとかではなく、それなりに先に読み進めたくなる良さはあるのでその点は評価できるし、グダグダと内容のない絡み合いを垂れ流されるようなことも無いのでその点は評価できます。

引用元:まぽろぐ

ダウンロード

ad